カーエアコンから出る風がぬるい!原因と対策方法をご紹介します

カーエアコンから出る風がぬるい!原因と対策方法をご紹介します

夏は涼を求めて、そして冬は暖を取るためにと、一年を通して大活躍のカーエアコンですが、もしも真夏に冷たい風が出てこなかったら、反対に真冬に温かい風が出てこなかったらショックですよね。その原因を探ってみました。

カーエアコンから出る風がぬるい原因

カーエアコンから出る風がぬるい原因

夏でも冬でも設定した適温の風が出てこない。実は同じ風の問題なのですが、カーエアコンの場合、冷房と暖房では仕組みが異なるため、故障箇所も原因も違います。

風がぬるい~冷房の場合~

液体が蒸発して気体になる際には、熱を奪うという性質があります。カーエアコンの冷房はその原理を利用して冷たい風を送り出していますが、その役目を担っているのがコンプレッサーです。

冷媒と呼ばれるエアコンガスを圧縮して気体にしているコンプレッサーは、ファンベルトでエンジンと連結し動くようになっているのですが、エアコンガスの不足や漏れ、ファンベルトの劣化などにより不具合をおこすと、冷たい風を作ることができなくなり、結果としてぬるい風が送り出されることになります。

そのほかの原因としては、エアコン内部に空気を取り込むフィルターの汚れやつまり、熱交換器であるエバポレーターの汚れなどがあります。

風がぬるい~暖房の場合~

車はエンジンが回転する時に熱を発しますが、そのままにしておけばオーバーヒートを起こす危険性があります。

そのため冷却水を使って循環することで冷やし、サーモスタットで一定の温度に保っているのですが、カーエアコンの暖房はその時のサーモスタットで作られる熱を利用しています。

カーエアコンの暖房をつけてもぬるい風しか出てこない時は、サーモスタットが温まっていないか、故障していることが考えられます。

ぬるい風を改善する対策方法

ぬるい風を改善する対策方法

冷房でも暖房でも、ぬるい風を改善するためには、原因を取り除くことが一番の近道です。

冷房の改善点

コンプレッサーは、いろいろな原因をはらんでいる部品です。

コンプレッサー自体は法的な耐久年数が7年になっており、劣化などが考えられますが、それ以外にもエンジンとの連携しているファンベルトの劣化している場合は交換が必要ですし、エアコンガスの不足しているようなら補充をすれば冷たい風が出てきます。

またエアコンフィルターは、車を使っている環境や使用状態によっても異なりますが、半年からごとに交換することをおススメしますし、エバポレーターも定期的に洗浄すると、ぬるい風からの脱却ができます。

暖房の改善点

まず考えられる改善点がサーモスタットの故障ですので、原因を究明し、部品の交換や、サーモスタット全体の交換することが必要です。それ以外にも冷却水の不足などがありますので、補充することが必要です。

対策にかかる費用相場はどれくらい?

対策にかかる費用相場はどれくらい?

ぬるい風を冷たい風にするためにかかる費用も、冷房と暖房によって異なります。

冷房の改善にかかる費用

冷房はコンプレッサーを中心に費用を調べてみました。
コンプレッサーの交換  5~6万円
エアコンガスの漏れの修理 2~3万円
エアコンガスの補充  3,000~5,000円
フィルターの交換   5,000~1万円

暖房の改善にかかる費用

暖房が利かない原因で多いのが、サーモスタットの故障と冷却水の不足です。
サーモスタットの修理費用  1万円前後
冷却水の不足による交換費用 5,000円前後

原因究明と対策はプロに任せると安心

原因究明と対策はプロに任せると安心

エアコンの風がぬるい原因の大半が、コンプレッサーとサーモスタットだというのはご理解いただけたと思います。

それでもコンプレッサーのどこが原因で故障しているのか、サーモスタットが故障した原因はどこなのか、具体的には専門的に調べないとわかりません。

ディーラー、整備工場、電装屋、故障個所によって使い分けよう

カーエアコンの故障とわかって、プロにお願いする場合、まず思い浮かぶのがディーラーと整備工場ではないでしょうか。

実はカーエアコンは電装系と呼ばれるシステム。車の整備とは異なる分野です。

故障箇所によってはディーラーや整備工場に持ち込んでも、電装屋さんに回されることがあります。カーエアコンの修理や交換は、それほどまでに繊細な作業なのです。

困ったらまずプロに相談。これが安心への近道です。

日頃のメンテナンスで最悪の事態を回避

日頃のメンテナンスで最悪の事態を回避

カーエアコンの故障は、コンプレッサーだけ、サーモスタットだけということは、まずありえません。

エアコンオイルの不足でコンプレッサーが焼き付いた時には、エンジンとつないでいるファンベルトも劣化している可能性ありますし、冷却水の不足からサーモスタットが故障したということもあります。

このように故障個所が複数になると、それだけ費用もかかります。

プロの力を借りて、常にカーエアコンのクリーニング、最善の状態を保つことで、故障の原因を取り除くこともできるので、ぜひ検討してみてください。