カーエアコンフィルターの交換時期を知っておこう!

カーエアコンで冷やされた空気や暖められた空気は、エアコンフィルターを通して車室内に送られます。

エアコンフィルターを交換しない場合、室内の環境が悪くなるだけでなく、エアコン機能も低下してしまいます。

カーエアコンフィルターの交換時期の目安は

交換時期の目安は一般的に以下の通りといわれています。

走行距離:10,000km

使用期間:1年

しかし、交換時期はメーカーごとに多少左右されます。

また、都市部など空気の汚れがひどい地域で車を運転することが多い場合においても変わってきます。

ドイツメーカーのボッシュ(BOSCH)や日本の愛知県に本拠地を置くデンソー(Denso)は、両者とも走行距離10,000km毎あるいは使用期間1年毎の交換を推奨しています。

トヨタの3代目のプリウスのマニュアルには、エアコンフィルターの清掃ならびに交換に関して、次のように掲載されています。

清掃:15,000km (7,500km)毎

交換:30,000km (15,000km)毎

大都市や寒冷地など交通量あるいは粉塵の多い地域においては、上記の()内の数値となり、通常の半分の走行距離毎での清掃・交換が理想のようです。

1年に1度と車検時が目安として考えると良いでしょう。

カーエアコンフィルターを交換せず放っておくとどうなる?

カーエアコンフィルターを交換せず放っておくとどうなる?

送風される空気を弱め、悪臭の原因になります。

さらに、カーエアコンの性能低下を導くことにもなってしまいます。

エアコンフィルターには、車室内に送風される空気を綺麗にする役割があります。

エアコンの吹き出し口から送風される風量が弱い、あるいは、不快な臭いが送風されるというような場合、故障の場合もありますが、エアコンフィルターが汚れて目詰まりしているだけのこともあります。

交通量の多い地域で走行される機会の多い人はもちろん、喫煙される人やアレルギー体質の人は小まめにフィルターを交換すると良いでしょう。

花粉対策にもなります。

カーエアコンフィルターの交換はどこで行なえる?

カーエアコンの点検・修理をしている修理屋やディーラーで交換可能です。

ディーラーに依頼しても、カーエアコンなどの電気系統の点検・修理は外注するディーラーも多いです。

そのため、直接、地元の車修理屋に依頼したほうが1〜2割程度安く交換することができます

工賃は3,000〜5,000円程度が一般的です。

車種によってフィルター交換の難易度は違ってきますが、自分で交換することも案外簡単なようです。

まとめ

カーエアコンフィルターは、車室内の空気を爽快に保つために重要な役割を果たしています。

小まめな交換は健康被害や性能低下を緩やかにします。

素人でも比較的簡単にフィルター交換が可能な車種もあります。

脱臭・消臭効果が高く、性能を優れたフィルターを購入して自分で交換しても良いでしょう。

しかし、業者に依頼しても低価格ですので、失敗や故障を避けるために専門家に依頼したほうが無難でしょう。

>>エバポレーターの洗浄・カーエアコンクリーニングの専門家「空気の洗車屋さん」はこちら