カーエアコン保証期間は? 無料で直してもらうことはできる?

気温が極端に上昇したり寒くなったりする夏場や冬場など、車内環境を快適に過ごすためには欠かせないカーエアコン。

突然、「風が出てこない」「風が冷たくならない」「エアコンが故障したかも?」と思った時には、早急に修理を行ないたいものです。

新車の場合はメーカー保証があるため、万が一壊れたとしても保証期間内であれば無料で修理をしてもらうことができます。

しかし、保証期間が切れていた場合の対応はどうなるのでしょうか。

カーエアコンの保証の種類

カーエアコンの保証の種類

メーカー保証には「一般保証」「特別保証」があり、カーエアコンは一般保証の条件下で修理を受けることができます。

メーカー保証とは

メーカー保証とは、新車に付帯している制度で、車の部品などに不具合が起きた際に期間内であれば無償で修理を受けることができるものです。

事故や自然災害による外的要因や過失以外で、部品が不具合を生じた場合に適応されます。

一般保証

新車から3年間、または走行距離が6万㎞までが対象です。

カーエアコンをはじめ、ナビや電動ドアミラーなど、消耗品以外のほとんどの部品が保証の対象となります。

特別保証

新車から5年間、または走行距離が10万㎞までが対象となります。

エンジン機構や乗員保護装置など、車の安全性や走行に関わる部品が適応されます。

保証の対象となる部品

保証の対象となる部品は以下のとおりです。

一般保証の対象となる部品

エアコン、シートヒーター、リモコンドアロック、電動ドアミラー、ナビゲーション、オーディオなどが対象となります。

一方で、オイルフィルターやブレーキパッド、ヒューズ、ワイパーゴム、タイヤ、バッテリーなどの消耗品や、エンジンオイル、ウィンドウォッシャー、冷却水、バッテリー液などの油脂類は対象外です。

特別保証

エンジン機構、乗員保護装置、ブレーキ機構、動力伝達機構、電子制御機構、燃料電池機構、前後アクセル機構、排出ガス機構、ハイブリット機構などが対象となります。

無料で直してもらえる場合

無料で直してもらえる場合

カーエアコンを無料で修理できるのは、一般保証で定められた期間内または走行距離内である場合に限ります。

つまり、新車を購入してから3年が経過していない場合、または走行距離が6万㎞を超えていない場合でなければ保証が適応されません

また不具合の要因が年数経過による故障、事故や自然災害などの場合は、保証の期間内、走行距離内であっても対象とならないので注意しましょう。

保証期間を過ぎている場合には修理業者を利用する

保証期間を過ぎている場合には修理業者を利用する

保証期間が過ぎてしまってから不具合が起きた場合は、修理業者を利用しましょう。

業者を選ぶ際は、自動車関連の電気修理専門店がおすすめです。

修理業者は専門的な技術を持つため、ディーラーが外注で修理を委託するほどです。

修理前には、不具合が起きる状態を尋ねられるので、現象を明確に伝えられるようにしておきましょう。修理代は原則的に、実費となります。

まとめ

まとめ

カーエアコンは新車についてくる一般保証の期間内・走行距離内であれば無償で修理を受けることが可能です。

しかし、保証期間が過ぎてしまった場合は修理費が必要となります。

修理は、専門業者に依頼をしましょう。

スムーズな修理のために、不具合の状態を明確に伝えられるようにしておくことがポイントです。

また、価格や修理にかかる時間は業者によって違いがあるため、事前リサーチを行ない比較しておくとよいでしょう。

>>エバポレーターの洗浄・カーエアコンクリーニングの専門家「空気の洗車屋さん」はこちら