カーエアコンのにおい除去の徹底版!新車並みに復活させる方法

カーエアコンのにおい除去の徹底版!新車並みに復活させる方法

蒸し暑さを感じるようになると、恋しくなるのがカーエアコンですよね。

日本の夏には欠かせない存在ですが、1年ぶりにカーエアコンの冷房のスイッチをONしたら異臭というか悪臭というか、耐えがたいにおいがしてきた…なんていう経験はありませんか。

これ、カーエアコンの汚れが原因なんです。

自分でできるカーエアコンのにおい除去では限界がある

自分でできるカーエアコンのにおい除去では限界がある

カーエアコンが発する嫌なにおいの原因は何種類かあります。

臭いの原因

タバコのヤニやホコリ、食べこぼしなど、においの原因はいくつかありますが、最大の原因はカビやバクテリアです。

カーエアコンは冷媒と呼ばれるエアコンガスを、気化と液化を繰り返すことで冷気を作っています。

このとき大量の水を発生させますが、発生した水はドレンホースという部品を通って車外に排出されます。

自然排水が基本のため、全て排水することはできません。

除去することができなかった水が溜まる場所は、車内にあるエバポレーターです。

熱交換器という性質を持つエバポレーターは、エアコンガスを高温で圧縮し気化させ、最終的に冷気を作り出す装置です。

溜まった水分と高温。これが原因で、エバポレーターはカビやバクテリアの温床になりやすい場所なのです。

素人にはカビの完全撤去は難しい

インターネットを調べると、エバポレーターの悪臭の原因とともに除去する方法がアップされています。

簡単な方法として紹介されているのが、芳香剤や消臭剤を使う方法です。

しかし芳香剤は、悪臭の上に芳香剤の香を上乗せしただけですし、消臭剤は漂っているにおいの悪臭部分が除去できるだけ。

どちらも原因であるカビを撃退できていません。

また、吹き出し口の洗浄やエアコンフィルターの交換などが効果あると紹介されていますが、確かに一定の効果はありますが、こちらも根本的な解決にはいたっていません。

においを徹底除去するにはエバポレーター洗浄がおすすめ

においを徹底除去するにはエバポレーター洗浄がおすすめ

悪臭だけでなく、健康面の被害も懸念されるエバポレーターのカビ被害を阻止するには徹底した洗浄しかありません。

一番効果のある方法なのですが、エバポレーターはカーエアコンの心臓部ともいえる装置で、運転席の足元に隠れています。

しかも複雑な構造をしています。

市販の洗浄スプレーには不安もあり

カー用品専門店にいくと、お手頃な価格でエバポレーターの洗浄スプレーが販売されています。

しかし市販の洗浄スプレーでは噴射の威力に不安があり、完全に除去きでない可能性があります。

また、ある程度カビを落とせても、噴霧した薬剤を素人では洗い流すことができません。

この残った薬剤が、新たなカビの誕生させる温床となる危険性が高いのです。

プロによるカーエアコン洗浄でにおいを徹底除去

プロによるカーエアコン洗浄でにおいを徹底除去

芳香剤も消臭剤もダメ。市販の洗浄スプレーにも問題がある。こうなったら打つ手がないのでしょうか。

大丈夫です。プロがいます。

プロが行う洗浄方法は大きく分けて2種類。分解洗浄高圧洗浄です。

分解洗浄とは

分解洗浄は、ディーラーや整備工場で行う方法です。

その名の通り、カーエアコン全体を分解したあとに、それぞれの部品を洗浄。再度組み立てます。

分解、洗浄、組み立てという過程を経るため、1週間以上の作業時間と10万円以上の費用がかかる場合があるのがネックです。

高圧洗浄とは

高圧洗浄は世界でただ1社、クリーンデバイス・テクノロジー株式会社が行っている方法で、Dr.BAZOOKA洗浄 (ドクターバズーカ)と名付けられています。

  1. 特許を取得した器具を使用
    Dr.BAZOOKA洗浄 (ドクターバズーカ)に使う器具は、同社が独自に開発したもので、特許を取得してものです。奥まった場所にあり、複雑な構造しているエバポレーターの汚れを余すことなく落としきれるのは、特許を取得した器具によるところが大きいのです。
  2. 徹底的にカビや汚れを撃退
    特殊な器具を使いますが、方法自体は簡潔です。
    まず車内の養生をします。水を使うのでエバポレーターが設置されている周囲が濡れたりしないようしっかり準備します。
    次は薬剤の入った液をエバポレーターに高圧で噴霧。カビや汚れを落とします。車の状態によっても違いますが、初めてなら真っ黒な状態で薬剤が流れ出てきます。この色がカビや汚れです。
  3. 高圧の水流で洗い流す
    残った汚れと一緒に、噴霧した薬剤も高圧の水流で洗い流します。これでカビの完全撤去ができ、新たな温床になることも防げます。
  4. 防カビコーティングすることで効果がさらにアップ
    オプションで防カビコーティングをすることも可能です。防カビコーティングすることで、カビの発生を遅らせることができますし、新型コロナウイルスなどのウイルス対策にもなります。
  5. 時間短縮とリーズナブル価格を実現
    国産の普通車の場合、洗浄だけですと作業時間は約1時間。費用は2万5千円というリーズナブル価格になっています。出張も受け付けていますので、1週間以上、車に乗れないこともありません。

夏だけではないカビの脅威

夏だけではないカビの脅威

カビというと危険な時期は梅雨から夏、秋の長雨のシーズンと思われがちですが、実は冬も危険なのです。

大阪市立環境科学研究所の濱田信夫先生の発表した『カーエアコンとカビ汚染』という論文によると、乾燥した冬のほうが飛散するカビの量が多いと報告されています。

出典:-特集- 車室内空気質の問題と対策 カーエアコンとカビ汚染/大阪市立環境科学研究所 濱田信夫

カビはアレルギー性の疾患などの健康被害を起こす原因になります。

徹底除去、完全除去を心掛けることが、健康的で快適なカーライフを手に入れる最短の方法です。