即効性あり! カーエアコンが臭い時の対処法って?

カーエアコンから出る気になる嫌な臭いは、カビや酵母菌が主な原因です。

内部洗浄やフィルター交換など、カーエアコンのメンテナンスは自己管理でも対応することは可能です。

しかし、中には専門業者のカーエアコンのクリーニング業者に依頼したほうがよい場合もあります。カーエアコンが臭い時の対処法について解説します。

カーエアコンの臭いの原因はカビだけ?他にもあるの?

カーエアコンの臭いの原因はカビだけ?他にもあるの?

カーエアコンの臭いは、前述のとおり「汚れ」「カビ」「酵母菌」が原因となっています。

エアコンを作動させた時、室内と外気に温度差が生じます。

温度差が発生することにより水滴が発生し、カーエアコンのフィルターの奥にある金属部分のエボパレーターを濡らします。

このままの状態で放置することによって、カーエアコン内部はカビや酸っぱい匂いの元となる酵母菌が発生します。

車室内での喫煙、汗の臭いなどもカーエアコンの臭いの元となります。

カーエアコンの臭いの原因は、カーエアコンの劣化や使用年数や使用頻度に依存するよりも、使用状況によって左右されるようです。

カーエアコンの臭いに対する間違った対処法

カーエアコンの臭いに対する間違った対処法

エアコンを早急に効かせようとして「強風で最も高い温度設定で風を出し、その後弱風にした状態でしばらく運転をしてからスイッチを切る」といった間違った対処法を行なう人がいます。

エアコンの内部温度は、運転することで冷やされています。

スイッチを切ると閉め切られた空間となるため、運転中に出た水滴と、室温上昇が重なりエアコンの内部が温度と湿度が上昇しつづけることになるのです。

そのため、エアコン内部が使われていない時は、臭いの元をつくってしまう高温多湿状態となります。

正しい対処法

スイッチを切った後は、送風運転をして、エアコンの内部の汚れを防ぐことが大事です。

エアコンのスイッチをオフにした後、送風あるいは暖房に設定し、風力を最大にします。そのまま、臭いがなくなるまで放置します。

水分を蒸発させ、カビや酵母菌の元をなくすことができます。症状が軽ければ1〜2分で改善されますが、5〜10分程度必要となることもあります。

また、市販の「カーエアコン用のスチーム消臭剤」を利用し、臭いを除去する方法もあります。

エアコンの内部洗浄、エアコンフィルターの交換も効果的

エアコンの内部洗浄、エアコンフィルターの交換も効果的

カーエアコンの嫌な臭いの改善のためには、日ごろから内部洗浄とこまめなフィルター交換が必要です。

カーエアコンは家庭内エアコンと違い、車外の空気も多く取り込むため、汚れやすく、カビ・酵母菌も繁殖しやすい環境をつくり出してしまいます。

内部掃除やフィルー交換をしない場合、汚れ・カビ・酵母菌は蓄積。

空気の流れが悪くなるため、燃費が悪くなり、冬や雨天時にはフロントガラスが曇りやすくなるうえに、車内の空気も不衛生になります。

車の助手席にある、グローブボックスの奥にエアコンフィルターがついている車種であれば、自分で簡単に交換を行なうことができます。車の取扱説明書に記載があるので、確認してみましょう。

また、根本的な臭いの元となる問題を解決するためには、エバポレーターを洗浄するという方法があります。

エバポレーターとは、エアコンの室内ユニットを構成する部品のひとつで、空気を冷却する熱交換器です。薬剤を使って汚れを除去することができる、エバポレーター洗浄スプレーが市販されています。

しかし、エアコンフィルターからエバポレーターまでは距離があるため、汚れやカビまでスプレーによる薬剤が到達できないことが多く解決にはなりません。

専用の洗浄工具なども必要となるため、エバポレーターの洗浄は、実績のある専門業者に依頼することが得策といえるでしょう。

まとめ

まとめ

カーエアコンの臭い対策には、カビや酵母菌が繁殖しにくい環境を保つことが重要です。

夏の暑い日に炎天下の路上に駐車する場合、車内も暑くなるため、エアコン内にカビは発生しにくいと考えられがちです。

しかし、走行する際にはエアコンを強く作動させるため、実際は水滴が多く発生します。

このような状態にあると、エンジンを切った後やガレージなどに駐車した際、フィルターやエバポレーダーは水分が余分に溜まっている状態となります。

余分な水分を溜めないためには、車のエンジンを切る前に、エアコンの設定温度を高めに強風運転を行い、内部を乾燥させましょう。

ひと手間かけることによって、カビや酵母菌が発生しやすい状況を防ぐことができます。

>>エバポレーターの洗浄・カーエアコンクリーニングの専門家「空気の洗車屋さん」はこちら