車内にカビが生えるのはなぜ?カビの除去方法や予防策を解説します

車内にカビが生えるのはなぜ?カビの除去方法や予防策を解説します

車に乗っていたらカビ臭かった場合、その原因はどこだと考えますか。

それはカーエアコンの汚れ、と答える人が多いのではないでしょうか。

確かにカーエアコンはカビの温床になる場所ですが、実は車内で他にもカビが生えやすい所があるんです。

車内でカビが生えやすい場所とその理由

車内でカビが生えやすい場所とその理由

カビが発生する条件は、湿度と温度や餌になるゴミやホコリがあることです。

この三条件を満たしていれば、どんなところでもカビが発生してしまいますが、車の中で高い確率で三条件を満たしているのがカーエアコン、フロアマット、座席シートの3か所です。

カーエアコンにカビが発生する理由

カビにとって好条件がそろっているのがカーエアコンです。といっても全部というわけではありません。

エバポレーター、ダクト、エアコンフィルターなどがカビの温床になりやすい部分です。

特に熱交換器と呼ばれるエバポレーターは、取り入れた空気を冷やすために熱を発しますし、その際に凝結水という水を出すので水分的にも不足はありません。

また換気のできない奥まった場所に設置されているため、ホコリやゴミがたまりやすく、カビの餌となるものもたくさんあります。

フロアマットにカビが発生する理由

意外かもしれませんが、フロアマットもカビが生えやすい場所です。

フロアマットはその用途の性質上、ゴミやホコリ、水分を吸収しやすくなっています。

特に梅雨や秋の長雨のシーズンは、吸収するだけして乾かす時間がありません。

そのまま放置しておくと、表面は問題なくても裏側にカビが生えていた、なんてことになりかねません。

座席シートにカビが発生する理由

車に乗っているとき、飲み物を飲んだりしますよね。

暑い季節は汗をかいたまま乗ることもありますし、雨の日は乗るときに車内に吹き込むことだってあります。

座席シートにカビが生える原因の多くは、そういった人の行動によってもたらされるものです。

シートにしみ込んだ水分が発生源になる場合が多いのです。

それ以外にも日の当たらない場所に長時間駐車させていたりすると、環境的な要因でカビが生えてくることもあります。

カビが生えてしまった場合の除去方法

カビが生えてしまった場合の除去方法

カビはアレルギー性疾患の原因になるなど、人体に大きな影響を及ぼす可能性があります

カーエアコンでもフロアマットでも座席シートでも、車内でカビの気配を感じたら、すぐに除去することが必要です。

3か所とも基本は洗浄することでカビを取り去るのですが、方法がそれぞれ異なります。

カーエアコンのカビ対策

カビの温床であるエバポレーターのカビの洗浄は、市販の洗浄スプレーがカー用品専門店などで販売されていますが、正直いってお薦めできません。

理由はエバポレーターは複雑な構造をしているうえに奥まった場所にあるので、市販のスプレーでは全体に薬剤が噴霧できないこと。

水洗いができないので薬剤がそのまま残り、新たなカビの温床になる可能性が高いことがあげられます。

また、ディーラーや整備工場でお願いして分解洗浄をするという方法もありますが、1週間以上の日数と10万円以上の費用がかかります

効果は期待できるのですが、コストパフォーマンスを考えると躊躇される方もいるかもしれません。

時間も短くリーズナブルなお値段なのに高い効果が期待できるのが、クリーンデバイス・テクノロジー株式会社の「Dr.BAZOOKA洗浄 (ドクターバズーカ)」です。

同社が特許を取得している世界でただ1つの方法で、独自に開発した高圧洗浄機を使い、まず薬剤を噴射。

汚れを完全に落としたあとに同じく高圧洗浄機を使って水で洗い流しますので、安全かつ高い効果を得ることができます

国産の普通車なら作業時間は1時間ほど、費用も2万5千円~で済みます。

フロアマットのカビ対策

フロアマットのカビ対策は、お天気の良い日によく洗ってしっかり乾かすことに尽きます。

車内から汚れたフロアマットを外し、中性洗剤などを使ってよく洗い、お日さまの下でしっかり乾燥させましょう。

お日さまにあてることで太陽の紫外線でカビの殺菌もできますし、洗うことでカビの原因となる泥汚れを落とすこともできます。

座席シートのカビ対策

車の座席シートはフロアマットのように丸洗いはできませんので、少し注意が必要です。

エタノールや酸素系漂白剤を使って除去していくのですが、どちらも色落ちする危険があるので、テストを行ってから初めてください。

方法は漂白剤をしみ込ませた布でたたくようにして、カビを浮かせていきます。

しばらく放置したのち、水で濡らし固く絞ったきれいな布で落としましょう。

これを繰り返すことでカビを落としたら、最後にドライヤーなどで乾かします。

日頃のカビ予防も大切

日頃のカビ予防も大切

生えてしまったカビを撃退することも大切ですが、もっと重要なのはカビが生えない環境を日頃から心がけることです。

  • 湿気のある車内をカーエアコンの除湿機能を使って乾燥させる
  • 窓を開けて換気する
  • 日当たりの良い場所に駐車させる
  • 座席シートやフロアマットはカビ予防スプレーをしておく

など、ちょっと気を付けたり心掛けたりすることで、カビが発生する条件や環境を回避することができます。

ぜひ、試してみてください。

地球の歴史はカビやウイルスとの闘いだ!

地球の歴史はカビやウイルスとの闘いだ!

人類が誕生するよりずっと昔から、地球上にはカビやウイルスが存在していました。

人間はカビやウイルスを撃退することで発展を遂げてきたといっても過言ではありません。

カビ対策にはカビの生えない環境を作ることが大切になってきます。

中途半端な薬剤の使用は、新たな原因を作り出すだけだということを肝に銘じておいてください。