カーエアコンの不調でコンプレッサーを交換する際の手順と費用相場

カーエアコンの不調でコンプレッサーを交換する際の手順と費用相場

カーエアコンは、冷媒であるエアコンガスをシステム内で循環させ、もともと液体だった冷媒を、液化と気化を繰り返すことで冷やす装置。

そのスタートが、カーエアコンの心臓部ともいえるコンプレッサーです。

もし不調になったら、高額の費用がかかる可能性が高い部品です。

カーエアコンの冷房が効かない原因とは

カーエアコンの冷房が効かない原因とは

カーエアコンの冷房は「気化熱冷却方式」というシステムです。

注射などをするときにアルコール綿で患部を拭きますが、スッとしますよね。あれと同じ原理です。

アルコールが冷媒と呼ばれるエアコンガスと同じで、拭くという行為、体温で発散させる状態がカーエアコンのシステムということになります。

そのため冷房が効かない原因は、その部分に由来することが大半です。

エアコンガスの漏れや不足

ガソリンがないと車が走らないように、カーエアコンも冷媒と呼ばれるエアコンガスがないと冷えません。

本来密閉された部品の中で循環していくので、滅多にあることではないのですが、ガスの通り道であるパイプの不具合や、つなぎ目の劣化などによる漏れなどが原因でガス不足になることがあり、冷房が効かなくなります。

コンデンサーオイル不足や漏れ

コンプレッサーで高温高圧化し気化した冷媒から、熱を奪い冷やす役目を担っているのがコンデンサーですが、コンデンサー自体の動きを円滑にするのに用いられているのがコンデンサーオイルです。

故障などしなくても年々5mlほど自然消滅するので、オイル不足でエアコンが効かなくなることがあります。

コンプレッサーの不良や故障

コンプレッサーは、カーエアコンの心臓部。エンジンルーム内にあり、最初は液体である冷媒を気化させる役目を担っています。

使用頻度や使い方、車を保管しておく環境などによっても異なりますが、とても頑丈に作られていて、本体の寿命は10年といわれています。

だからといって10年間、故障しないというわけではありません

コンプレッサーはエンジンの動力を利用して稼働しています。その動力を伝えるためのベルトやつなぎ目などが、寿命といわれている10年より前に劣化することがあります。

こうなるとカーエアコンの冷房は役に立たないと思ったほうが賢明です。

コンプレッサーの故障はどうやってわかる?

コンプレッサーの故障はどうやってわかる?

カーエアコンが標準装備されるようになった現在、簡単に壊れては困る部品の代表がコンプレッサーです。

本来頑丈に作られてはいるのですが、7年以上経つと不具合が発生する場合があります。

コンプレッサーの作動の確認方法

  1. カーエアコンのスイッチをONにし、エンジンフードを開け、コンプレッサーを目視します。
  2. 動力を伝える部品であるプーリーと、コンプレッサーの作動を継続するために使われているマグネットクラッチが、一緒に回転しているか確認します。
  3. 2つが一緒に回転していれば、カーエアコンは正常に作動しています。

コンプレッサーが正常に作動していない場合

コンプレッサーに不具合が発生している場合、プーリーだけが回転し、マグネットクラッチが回転していないという状態になります。

不具合はコンプレッサー自体の場合もありますし、冷媒であるエアコンガスの不足や電気的なトラブルなども考えられます。

コンプレッサーを交換する方法

コンプレッサーを交換する方法

エアコンガスを補充してもコンプレッサーが正常に動かない場合、コンプレッサー自体の交換が必要です。

車本体のエンジンにも関わってくる交換なので、一般の方では難しい部分があるため、ディーラーや自動車整備工場など、専門家にお願いすることをおススメします。

またコンプレッサーを交換する場合、車種によっては附随する部品や、エアコンガスなどの交換や入れ替えなども含まれてくる場合がありますので、よく説明を聞くようにしてください。

コンプレッサーの交換にかかる費用相場

コンプレッサーの交換にかかる費用相場

コンプレッサーの交換は、カーエアコンの修理の中でも高額な部類になります。

機種によっても多少の金額の差はありますが、新品の純正品を使った場合、5万円から7万円はかかると思ってください。

もっとリーズナブルに済ませたいなら、リビルト品を使う方法もあります。

リビルトとは再生や再構築という意味で、使用済みの部品を分解・洗浄したのち、摩耗や劣化したパーツだけを新品に交換して、再度組み立て直したもの

再利用した部品にも厳しい検査基準が設けられていますし、品質チェックも行われているので、新品に近い性能になっているものも少なくありません。

それでいて価格は純正品の半額以下です。

純正品かリビルト品か、どちらを選ぶかは車次第というところかもしれません。

コンプレッサーが発する音を聞き逃さないことが大切

コンプレッサーが発する音を聞き逃さないことが大切

カーエアコンはいろいろな音を発し、私たちに正常なのか不具合があるのか伝えてくれています。

カーエアコンをつけて、エンジンルーム内でカチッという音がしたらコンプレッサーが正常に作動した証しです。

もしカーエアコン自体が汚れていたら、この音がしないかもしれません。

ご紹介したとおり、コンプレッサーの交換は費用がかかるもの。日頃からメンテナンスと、エバポレーターなどのクリーニングを行い、いつでも正常な音が聞こえるようにすることが大切です。