カーエアコンの効きを良くするにはどうしたらいい?

カーエアコンの効きを良くするにはどうしたらいい?

真夏の炎天下、何の対策もせず路上駐車をしていると車内の温度は50度を超えてしまいます。

ところがそんなときに限ってカーエアコンの効き目が悪い…という経験はありませんか。

実はカーエアコンの暖房と冷房では仕組みが違うため、不調の部位も原因も異なるのです。

カーエアコンが効きにくい原因

「カーエアコンが効きにくい原因」

カーエアコンにおいて暖房はエンジンの熱を利用します。エンジンの熱はかなり高温になるため、ラジエーターの冷却水を循環させ、さらにサーモスタットで一定の温度に保つよう設計されています。それが暖房となるわけです。

暖房が効きにくい場合、まず考えられるのがエンジンが温まっていないということです。エンジンが冷たいと冷却水の冷たいままなので温風にはなりません。

他にも冷却水が何らかの理由で漏れてしまったために減少していたり、サーモスタットの故障なども考えられます。

一方冷房はコンプレッサーとエバポレーターを使って冷たい空気を作ります。

コンプレッサーでエアコンガスという冷媒を圧縮、コンデンサーに送りエバポレーターで噴射し一気に気化。このとき周囲の熱を奪うことで冷気を発生させます。

冷房が効かない原因で一番に考えられるのがエアコンガスの不足です。ガスは使っているうちに少しずつ減っていきますが、このような自然現象のほかにガス漏れを起こしている可能性もあります。

反対にエアコンガスは十分にあるのに冷房が効かないときは、コンプレッサーの故障が考えられます。

このように冷房と暖房では効き目が悪い原因が違いますので、覚えておきましょう。

自分でカーエアコンの効きを改善する方法

「自分でカーエアコンの効きを改善する方法」

暖房が効かない場合、サーモスタットの故障が多いので専門的な知識が必要になりますが、冷房は自分で不調を調べることができます。

まず考えられるのが、冷房に絶対必要なエアコンガスの不足です。

漏れているのか、単純に減少しているのか、原因はいくつか考えられますが、エアコンガスが少ないということは取り込んだ風が冷えないということです。

コンプレッサーの横にサイトグラスがついている場合、ここからエアコンガスのどれくらい入っているのか確認することができます。

コンプレッサーが動いている状態で、このサイトグラスを見て液体がちゃんと流れているか、気泡がでているかを確認。

白く濁っている場合はガスの減少が、透明な気泡が浮いているときはガスが詰まっている可能性があります。

ただ、最近の車はサイトグラスが付いていないことがあるので、その場合は、エアコン整備専用の低圧と高圧を量る器具、アニホールドゲージを使っての計測になり、自分では難しいかもしれません。

エアコンガスの補充は自分でも可能ですが、車種によって入れられるガスの量が異なりますので、調べてから入れるようにしてください。

ただ、エアコンガスを補充してもカーエアコンの効き目が改善されないときは、コンプレッサーの故障が考えられますので、もう素人には手におえる段階ではありません。プロの力を借りることをおススメします。

業者にお願いしてカーエアコンの効きを改善する方法

「業者にお願いしてカーエアコンの効きを改善する方法」

気温が急激に上昇しカーエアコンの効き目が悪かったと、あわてた経験はありませんか。

急いでネットで調べたり、カー用品売り場で道具をそろえたことがあるという方も多いと思います。

しかし、カーエアコンの冷却の要であるエバポレーターのクリーニングに関しては、素人の手に負えるものではありません

プロの手を借り、きちんと対策をするのが賢い選択です。

カーエアコンの効かない原因の上位に位置するエバポレーターの汚れです。社外から取り込まれた空気は、エバポレーターを通過することで冷やされます。

温かい空気を冷やす機関なので、温度差が生じ、常に高温多湿状態のためカビやダニ、花粉などのハウスダストといった汚れが何種類も充満しています。

その汚れを完全に取り去り、カーエアコンをきちんと冷やせる状態するのは、専門家の手を借りることが確実な方法です。

プロが行うクリーニングには、エバポレーターを含むカーエアコン全体を分解し、洗浄するものと、独自の器具を使って高圧洗浄する方法があります。

効果は高いが費用も日数もかかるのは分解して洗浄する方法。

それ以上の効果をもたらすのに数時間という短時間で費用も3分の1以下という格段に安く上がるのが高圧洗浄です。
快適な夏を過ごすために、一度、検討してみるのも良いですね。

カーエアコンの定期的なメンテナンスも行おう

「カーエアコンの定期的なメンテナンスも行おう」

暖房ではサーモスタット、冷房ではコンプレッサー。暖房と冷房、仕組みは違ってもどちらにしても精密機械であることに変わりはありません。

その上、冬は雪、初夏から秋にかけては雨と、カーエアコンが汚れる要因がいくつも点在しています。つまり、気づかないうちに不調をおこしていたということにもなりかねないのです。

季節の変わり目、冷房から暖房へ切り替えるごとにメンテナンスをすることで、より快適なカーライフを送れることになります。

まとめ

【まとめ】

夏場には必須のカーエアコン。快適なカーライフを満喫するためには、暑さの本番を迎える前にしっかりとしたメンテナンスが重要です。

エアコンの不調については自分で調べられるものもありますが、ここまで述べてきたように対応するには専門性が必要で、個人で解決することが難しい問題も多々あります。

根本解決し、すっきりした気持ちで暑い夏を迎えるためにも、専門業者によるメンテナンスを検討するもの良いかと思います。

>>エバポレーターの洗浄・カーエアコンクリーニングの専門家「空気の洗車屋さん」はこちら