カーエアコンのACスイッチとは何?上手な使い方もご紹介します

カーエアコンのACスイッチとは何?上手な使い方もご紹介します

カーエアコンについているACスイッチ。

どういう役割があって、どういう効果をもたらして、どう使いこなせば良いのかご存知ですか。

燃費に影響するから使わないようにしている、という声もチラホラ聞こえてくるACスイッチですが、真実の姿、正しい使い方を探ってみました。

カーエアコンのACスイッチとは何?

カーエアコンのACスイッチとは何?上手な使い方もご紹介します

ACとはある言葉の頭文字をとった略称なのですが、正式名称をご存知ですか。

ACは、Air Conditioner(エアコンディショナ)の頭文字で、その総称を日本流に略しているのがエアコンです。

ACボタンの意味

本来エアコンディショナとは空調設備のことで、車の場合は送風機のことを指す場合が多く、ACボタンをONにすることで空調設備の一つであるコンプレッサーが稼働します。

コンプレッサーが動くということは、冷たい風を作る源になる冷媒、エアコンガスを動かすということであり、カーエアコンが機能することになるわけです。

ACスイッチの上手な使い方

ACスイッチの上手な使い方

コンプレッサーを動かすためのスイッチであるACスイッチですが、冷房と暖房では役割が異なります。

冷房時の役割

冷房をしているときにACスイッチを入れたほうが良い理由は2つあります。送風温度を冷やすことと除湿です。

冷房をつけているときにACボタンをOFFにしていたら冷たい風は流れてきませんし、除湿することで外気温との差で窓ガラスが曇ることを防ぐことができます。

暖房時の役割

暖房のときのACボタンの役割は1つ。除湿です。夏以上に冬は暖房することで外気温との差で結露しやすくなり、フロントガラスなど曇ることが多いですよね。

そんなときに送風口の風向きを切り替え、除湿することで曇り防止なり、安全運転につながります。

ACスイッチは、冷房の場合は常にONに、暖房の場合は窓が曇りだしたらON、というのが上手な使い方です。

暖房使用時にACスイッチが不要な理由

暖房使用時にACスイッチが不要な理由

実は車には、本来暖房設備というのは備わっていません。

ではどうしてカーエアコンから温かい風が流れてくるのでしょうか。

走行時、エンジンは常に動いて熱を帯びているため、ラジエーター内の水で冷却しオーバーヒートを防いでいます。

冷却水と呼ばれる水の温度が上がるのを利用し、温まった風を送り出しているのです。

このシステムを考えると、暖房時にACスイッチは不要ということになります。

暖房時、交通事故防止のためにACボタンを活用

車は密閉された空間です。窓を閉め切っていれば隙間風が入ることはありません。

この状態で暖房を入れると、上でもご紹介したように外気温との差で結露ができ、フロントガラスなど窓ガラスが曇る原因となります。それをACスイッチでONにすることで防止できるのです。

ただしONにしたままの状態が続くと、除湿し過ぎて車内の空気が乾燥しますので注意してください。

ACスイッチの使用は燃費に影響する?

ACスイッチの使用は燃費に影響する?

ACスイッチをONにすることで気になるのは燃費の問題ですが、結論から言いますと燃費は悪化してしまいます。ただし夏と冬では燃費悪化のパーセンテージが異なります。

夏は10~20%の悪化

熱い夏、ACスイッチをONにしたまま冷房を使い続けると、燃費が10~20%悪化するといわれています。

暑い夏、何の対策もしなければ車内の温度は50℃を超えるといわれています。その状態でカーエアコンをつけると、上がってしまった車内温度を下げるためにコンプレッサーをフル稼働させることになり、ベルトで連携し、コンプレッサーの動力源であるエンジンに負荷をかけることになって燃費の悪化につながるのです。

冬の影響はごくわずか

暖房はエンジンの熱を利用しています。なのでACスイッチを入れても、エンジンに大きな負荷をかけることはないので、大きく燃費を悪化させることはありません。

快適と安全のためのACスイッチ

快適と安全のためのACスイッチ

熱い夏、快適なカーライフのためにACスイッチは欠かせませんが、冬場は除湿の問題だけです。

もちろん安全運転のためにはACスイッチを入れたほうが良いのですが、車内の状況を見極め、上手な使い方をして燃費問題を改善することをおススメします。